FC2ブログ

プロフィール

Yukino Amagi

Author:Yukino Amagi
 
妄想を、現実に。

お互いの脳内麻薬を
最大限にに開放して
一緒に限界突破
しちゃいましょう

どちらかというと
その場だけでの
プレイだけではなく

意思疎通による
長期的な関係を
築いて行ける事を
重視しています

趣味は脳内妄想と
バーチャルライフを
堪能する事

好きな食べ物は
甘いお菓子と
辛いカレーと
かわいいこ

≫≫傀儡堂プロフィール≪≪
クリックすると
別窓が開きます


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


多忙につき

なかなか出勤&更新出来ずに、申し訳ない限りです。
お店の方も現状、週1で短時間の出勤が、精一杯でございます…

お盆あけたら、少しは時間取れるようになるかな?
それまではスローペースになりますが、細々と頑張って行きたいと思います。
参考になるかわかりませんが、私の写真をこのサイトで分析してみました。

「顔写真分析」
http://seibun.nosv.org/face/


以下結果です。

顔写真の77%は山本モナに似ています
顔写真の10%は土屋アンナに似ています
顔写真の6%は山本モナに似ています
顔写真の5%は神田うのに似ています
顔写真の2%は川村ゆきえに似ています

とりあえず、一番上に出てきた山本某さんの画像を検索してみましたが…
なにこれ、全然似てない(笑)
残念ながら、こんなキレイ系の顔じゃないのです。

しかも、3番目も同じ山本某さんだし。
大事な事だから二回言いましたってこと!?

残念、似てないですから(泣)

ちなみに男性編…

顔写真の77%は今井雅之に似ています
顔写真の10%は塚本高史に似ています
顔写真の6%は成宮寛貴に似ています
顔写真の5%は筒井道隆に似ています
顔写真の2%は豊川悦司に似ています

なんだか更に残念な結果になった気がします。
先日、届かなくてモヤモヤしていた衣装類、無事その日の内に届きました!
その日の内にというより、ブログ書いて数分後の事でした(笑)

フリーサイズの物が多かったので、全体的に私の体に対して、若干ですが大き目だった気がします。
とはいえ、大は小を兼ねる、小さすぎて着れないよりは全然よいので、修繕して着用しようと思います。

さて、修繕と言えば…
先日、一度着用しただけで、破損してしまったブーツも、試行錯誤の末、自力修繕中です!

破損した個所への、エナメル布の貼り直しに挑戦してみましたが、私の裁縫スキルでは、絶望的に無理でしたので…
ここは修繕というよりリメイク、デザインを別物にしてしまうような形で、別布として貼り合わせる形にしました。
こちらも出来上がったら、ここでお披露目してみようと思います。

※修繕前のブーツ写真
大破したブーツ_2

※思いっきり破れて、というよりひび割れています…
大破したブーツ_1

もう少し時間かかりそうですが、頑張って修理します!!
先日、とあるネットショップで色々、衣装を注文しました。

海外輸入物なので、サイズなど少し心配ですが、それでも、かなりお安く購入できる魅力は大きいですね。
デザインも奇抜なものが多く、見てるだけでも楽しいので、つい色々購入してしまいました。

そして、早く届かないかなと、到着を心待ちにしていた、この数日間。
宅急便の追跡では、本日到着する予定になっています。

しかし、夕方のこの時間になっても、待てど暮らせど届かない!

普通だったら、お昼過ぎには、到着しているのに。
もしくは、今日は少し起きるのが遅かったから、寝てる間に持ってきたのかな?
でもそれなら、再配達用に不在票入れておくと思うのですよ。
ポストも隅々までチェックしましたが、どこにも入ってなかったのです。

おかしいなと思い、○川○便の出荷センターに問い合わせてみると…
「朝8時に配達に伺いましたが、13時の段階で、荷物一旦こちらに持ち帰っております」
予想通りとはいえ、なんたる不覚。
おそらく爆睡してて、玄関のチャイムに気付かなかったのでしょう。
しかしそれなら、せめて不在票くらいは、入れておいてほしかったものですが。

再配達を希望する旨を伝え、センターから担当のドライバーに連絡してもらうも、どうやら音沙汰なし。
こんなグダグダな状況ですから、本日中に手元にやってくるか、若干不安は残りますが…
とりあえず今は待つことしかできないので、気長に待とうと思います。

さて、せっかくですのでこちらの衣装類、後日写真撮って、アップする予定でございます。
先日、某所でニュースをのぞいていたら、このような記事がありました。

とある外国で、いじめを受けている子供がいました。
すると、その子のお父さんは、自分の子供がひどい目にあっているという事実に怒りを覚え、自分の子供をいじめていた子を、なんと殺してしまったのです。
※お父さんはいわゆる、怖い筋の人だったそうです

もちろん我々が普段から心得ている、同意を得た上での加虐&被虐なんていう関係ではなく、多数側から一方的に行われる、私刑のようなものですからね。
お父さんの気持ちは痛いほどわかりますし、私も身内や親しい仲間に敵対する人間に対しては、私も同じような、よろしくない感情を持ってしまいますから。

とはいえ、殺人者を擁護するなんて、相変わらずひねくれてるな~とか、こんな風に思うのはきっと私だけだろうな、なんて思いながら、他の方々の言及コメントを見たところ…

「殺すまではやりすぎだけど、気持ちはわかる」
「そりゃそうだ、私も自分の子供がこういう目にあったら、相手を殺したくもなると思う」
「親父よくやった!」
「すっきりした!!」

今回の事件に関しては、同じような意見の方が多く、びっくりしました。

全体的に「殺してしまった」お父さんの行動に対して、そこまでの批判が見られなかったどころか(もちろん批判的な言及もありますが)、むしろ私のように、許容しているような言及も、少なくはなかったのです。

そもそも、一般的な殺人事件の場合、殺人者側を擁護するような言及は、ほとんど見受けられません。
殺人という行為に対しての、容赦ない言論攻撃は当然として、人格から学歴、職業の貴賤、あらゆる角度からの否定意見が大多数であるのですが…

続きを読む »

SHOOOOOCK!!

つい先月に、大阪の某所で購入したばかりのエナメルロングブーツ。
リクエストがありましたので、いざ出陣!とばかりに、気合を入れて、装備してみたものの。
一度着用しただけなのに、ひび割れて使い物にならなくなってしまいました…
さすがに、ものの小一時間で、メッキはげたらあかんでしょ~!

バーゲン価格が並ぶ品々の中、割引なしで置いてあったから、信用して購入した私が悪いのでしょうか!?
ううん、同じお店で購入した、バーゲンセール(しかも難あり)の衣装でさえ、いまだに問題なく着用しているので、やはり劣化が激しかったのかもしれません。

もちろん、損傷を招くようなプレイも、一切しておりませんでしたので…
きっと数年、お店の奥の方で放置プレイされて、知らず知らずのうちに、風化してたんだろうなぁ(しみじみ)。

…とはいえ、さすがにこれはひどい。
結構なお値段したから、余計にショックでかすぎです。
気に入って購入した品だけあって、本当に残念です。

ここで問題、否、本題。
このブーツ、どうしようかな?

1:こんなものだとあきらめて、泣き寝入りする
えっ!?それはさすがにきつい!!

2:お店にクレームを入れて、返品を要求する
おそらく時間が経過しすぎて難しい気が、否、それ以前に融通がきかずに労力の無駄な感じがするから、やめておこうかな

3:再度購入する
衣装やブーツは、基本的に一点物であり、デザイン面や、体にフィットするサイズかどうかなど、一期一会な要素も強く、他のを探すというのは非常に骨が折れる作業ですし、それに決して安いものでもありませんから…

4:自力で修繕・リメイクする
頑張ってエナメル切り貼りして、なるべく傷跡を目立たないように持ち直させるのが、ベストではないにせよ、ベターな選択のような気がします

ふふふ。
ここで私の裁縫スキルを発揮する出番がやってきましたね!

って、エナメルは普通のボンドじゃだめなのか…
色々、前途多難です。

う~ん、手芸用の特殊ボンド購入して再チャレンジだだだ!!(号泣)
私がまだ、幼稚園に通っていた頃。
当然ながら、まだSMという概念なんて、全くもって知りもしない時期。
既に、SM行為に対する欲求が、両面とも強く存在していました。
当然、性的な知識や感覚すら、未だ目覚めてもいない、幼少の頃の事です。

もちろん、そんな感情を親や友達に話す事も出来るわけがなく、とにかく「なんだか可笑しい自分自身」に対する葛藤があったことを、よくよく覚えております。
そう、このころの私は、ごく普通の人間でありたいと、強く願っていたのです。
しかしながら、その普通でありたい気持ちに対して、SM行為に対する欲求だけは日に日に大きくなり、頭の中ではなんだかよくわからない、変態欲求の妄想でいっぱいいっぱいでした。

そんな偏屈、一種独特な小学生時代を経て、初めて「SM」という単語、SM行為や概念を知ったのは、中学時代に読んだとある小説の、一説でしょうか。
その時は、こういう世界が存在するのだ、この感情は自分だけではなかったのだと、心から安堵したものです。



続きを読む »

 | ホーム |