FC2ブログ

プロフィール

Yukino Amagi

Author:Yukino Amagi
 
妄想を、現実に。

お互いの脳内麻薬を
最大限にに開放して
一緒に限界突破
しちゃいましょう

どちらかというと
その場だけでの
プレイだけではなく

意思疎通による
長期的な関係を
築いて行ける事を
重視しています

趣味は脳内妄想と
バーチャルライフを
堪能する事

好きな食べ物は
甘いお菓子と
辛いカレーと
かわいいこ

≫≫傀儡堂プロフィール≪≪
クリックすると
別窓が開きます


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


お出かけ

どうもこんばんは、雪乃です。

お友達と一緒に、久々に神戸に行ってきました、多分3年ぶりくらいでしょうか。
やれ水族園行きたいだとか、六甲牧場で羊と戯れたいだとか、王子動物園でパンダ見たいだとか、そういうのは一切なく(-"-;A ...
特にこれといって、どこかへ行こうと予定を立てていたわけでもなかったので、中心部あたりを適度にお散歩。

このあたり、10数年ほど前は、結構頻繁に遊びに来ていたのです。
その頃は、まだ今ほどネットなどの情報過多な時代でもなかったためか、三宮~神戸あたりにかけてのJR高架下にある、なんだかよくわからないものを売っている、カオスなエリアを見て回るのが刺激的で、すごく好きだったのですよ。

独特の閉鎖的な空間に、何これ!?と、その辺にはそうそう売ってもいないであろう物品が、そこかしこに溢れているという、ちょっとした非日常感が、楽しくて仕方がなかったものですが…
残念ながら今はもう、見る影もなく、レガシーと成り果てておりました。
時間の経過とは残酷なものです。

まず小奇麗に改装された三宮側は、ノーマルなエリアになりすぎてて、特にこれといった感想もなし!
友人曰く、休日はリア充でごった返すそうな…
この辺は結構前から、普通のお店が入るようになっていたので、こりゃ仕方ないなとも思いつつ。

で、神戸側に歩けば歩くほど、怪しいお店が増え、アングラ具合が増してくるはず…だったのに。
なんと、どこもかしこもシャッターが下りていて、電気の一つもついていないという有様。
そして、閉ざされたシャッターは、どこぞのアーティストのような人が描いたようなペインティング。
…アングラどころか、スラム街化してるではありませんか。

それどこから盗ってきたのみたいな日用品や、山積みのジャンク品、よくわからない武器とか安全靴だとかを、店頭に並べていた人たちは、一体どこに行ってしまったのでしょうか。

ほんの数件、昭和の香りがするカセットテープや、出自のわからない本を売っている店や、昔の使い古されたワープロを15000円で売っている店などがあって、少しだけほっとしました。


さて、このご時世、そんな店が並んでいるところなんてたくさんあるじゃん、別に大したことでもないし~?と言われてしまえば、それまでな気もするのですが…
まだ知識も経験何もなくて、右も左もわからない若い頃だったからこそ、自分の目で見て歩き回ったこのビックリな体験は、なんやかんやで心に残っていたんでしょうねぇ。

最近はパソコンやスマホを使えば、ネットでなんでも情報収集が出来ますし、「検索かけて画面で見た」という経験だけで、知的好奇心が満足出来るという、なんとも便利な世の中。
それはもう、日常の常識レベルから、マニアでなければ知りえないであろう、尖りに尖った知識まで…
パソコンという便利な箱が、あまりにも何でも知っているものですから、多少の事では刺激も得られなくなってしまっていたり、知人から聞いた「面白そうな事」を、わざわざ自力で追体験して感動するような事も減ってしまいました。

こういう「知識の凝縮と早送り」による、外部からの興味や刺激に対する耐性を一気に上げてしまう行為は、なんだかもったいないな~と、最近になってひしひしと感じるわけです。
やはり、楽しみというものは、ちょっとずつ咀嚼するもんですねぇ。
早々と、人生というゲームをクリアしたような感覚に陥ってしまっている、今日この頃でございます。

あ、話が横にそれましたが、その後はぐるぐるあちこち回りながら、居酒屋行ってお茶しておしゃべりして帰ってきました。
とにかく歩きすぎて足が痛いです…

そしてすっかり写真を撮るのを忘れていたので、3年前に撮ったパンダちゃんの写真を付けておきます(ΦωΦ)

パンダ一号

※モザイクガーデンで撮ったパンダの乗り物です(笑)

 | ホーム |